雨漏り修理でシミやカビ被害を抑える!

雨漏り修理の費用の相場は?

・修理費用の相場は工法によって変わってきます。
雨漏りの被害状況によって工法は変わってくるのですが、そこまで酷くない雨漏りであれば少ない費用での部分補修のみで済みますし、広範囲での被害であれば補修ではなく大掛かりな工事が必要になり費用も高額になってきます。被害が酷くなる前に雨漏りに気付くことが出来れば、雨水が通る道を妨げるだけでほとんどの雨漏りを防ぐことが出来ます。亀裂やひび割れが原因の雨漏りであれば、コーキング材で補修を行うことがほとんどで費用は数万円から10万円程度と、それなりに安く済みます。

・修理が大掛かりになる場合
雨漏りの被害が広範囲であれば工事も大掛かりになり、足場を組む必要もあるかもしれません。足場を組まなければならないので、修理にかかる費用はグンと跳ね上がってしまいます。屋根が傷んでいることが原因で雨漏りが発生している場合、下地・防水シートの修理・防水塗装を行う場合は大体20万円から50万円ほどかかってきてしまいます。足場を組むだけでも20万円ほどかかる場合があるので、相応な値段ではないでしょうか。屋根の状態が悪い場合、傷んでいる屋根を全て取り払って一新することもあるので、その場合は100万円を超えてしまい場合によっては200万円から300万円ほどかかってしまう場合もあります。雨漏りを止めるには最も適した方法かもしれませんが痛い出費ですね。

・火災保険で雨漏りを直せるかもしれません
火災保険の風災補償に加入してるのであれば、お金をかけることなく修理出来る可能性があります。雨漏りが発生している箇所が災害によるものであれば火災保険が適用されて保険金で修理の費用をまかなうことが出来るので、一度調査をしてみる価値はあるのではないでしょうか。